SPECIAL

アキシブProject×Juliet アキシブproject、渋谷ギャル文化の象徴である楽曲『ナツラブ』を、Julietのメンバーからバトンタッチ!!

 

 
アキシブprojectは、秋葉原と渋谷のカルチャーの融合をコンセプトに活動をしている7人組のアイドルグループ。4月に全国ツアーを実施。6月には台湾にも遠征し、アジアでも積極的に活動。夏には「TOKYO IDOL FESTIVAL」へ3年連続出演など勢いを加速し続けてきた。8月30日には、音遊/ユニバーサルミュージックより最新両A面シングル『アバンチュっ!/ナツラブ』のリリースが決定。メンバーの眩しい水着姿を映したMVも話題、まだまだ夏は終わらないぞと勢い良く弾けた『アバンチュっ!』へ、現在のアキシブprojectらしい明るいチャーミングな魅力を実感。もう1曲の『ナツラブ』は、この季節にピッタリのセンチメンタルなメロウバラード。

『ナツラブ』と言えば、Julietが歌いティーンズたちのハートを虜にしたほろ苦くも心温まるラブソング。発売した2009年当時は、着うたとして60万ダウンロードという記録的な数字を記録。社会現象まで巻き起こした。
同楽曲を、このたびアキシブprojectがカバーし、シングル盤へ収録。さらに今年の夏、Julietも『ナツラブ』を8年ぶりにリアレンジし、現在行っているライブツアーで披露している。この夏、偶然にも二つの新しい『ナツラブ』が誕生。その軌跡を分かち合おうと、アキシブProjectのメンバー宮谷優恵/計良日向子/田口未彩とJulietのMaiko/Yumiの5人が顔を合わせ、対談を行った。

 


『ナツラブ』が大ヒットしたあのときのうちらを支えてくれてた子が、ここにいるよ(笑)。

宮谷:私たちJulietさんの楽曲が青春時代の象徴だったように、メンバーみんなJulietさんの楽曲が大好きなんです。だから今回、Julietさんの『ナツラブ』をカバーさせていただけることになるなんて自分たちでもビックリというか、本当に嬉しくって。

Yumi:みんな『ナツラブ』を聞いてたのって何時頃!?。

宮谷:3人ともJKやJCでした。

Yumi:まさに、リアル世代の子たちだ。

Maiko:その子たちにこうやって逢えるってすごく嬉しい!!

Yumi:中高生の頃に『ナツラブ』をリアルタイムで聞いてた子たちが、まさに今、みんなと同じ20代頭から中盤頃。それって、私たちが『ナツラブ』を歌っていた年齢の頃なんですね。なんか、それも巡り合わせだなぁと思えてる。

 

 Yumi 


――『ナツラブ』と言えば、当時、着うたが異例の60万ダウンロードなどの大ヒットを記録。社会現象を巻き起こしました。

Yumi:私たち、デビュー当時は顔を隠した覆面姿だったんですね。理由は、「ヴィジュアル先行ではなく、まず楽曲を聞いて欲しい」ことから。なので『ナツラブ』のMVも、当時人気だった読者モデルの方に出ていただき、私たちは最期のシーンで背中姿だけを見せていました。あの頃、朝起きたら「着うたのチャートで『ナツラブ』が1位になった」という連絡が来てビックリしたのを覚えてる。しかも、うちらの顔を誰にも知られてない状況でね。

Maiko:そう。だからJulietや『ナツラブ』という曲が世の中へ浸透しても、誰にも声をかけられない(笑)。当時はまだアルバイトをしながらの活動だったから、バイト中に『ナツラブ』が聞こえてきても、自分のことなのに別人のことみたいな感覚でした。

Yumi:あの当時、世間と自分たちとの認知度のギャップは凄かったよね。仲間内にこそJulietとして活動をしていることは伝えてたけど、歌っている人の顔が知られてないから、街中で『ナツラブ』が聞こえてきたり着うたで『ナツラブ』を耳にしても、目の前にJulietのメンバーがいることなど誰も気づかない状態(笑)。

Maiko:そうだったね。

3人:へぇー!!

Yumi:続く『フユラブ』でようやく顔を出したんですけど。それまで一切顔を出していなかったでしょ。だからマッサージ店へ行ってマッサージを受けてたら、カーテンで区切られた隣から『ナツラブ』の着うたが聞こえてきたときは、「それ、あたしの歌だよ」と言ってやりたくなってたもん(笑)

計良:私、その頃はよくカラオケでJulietさんの楽曲を歌いまくってました。当時のJKにとっては、Julietさんの楽曲を知らないほうがおかしいくらいの状態。みんなでカラオケに言ったら、リストの中へバーッとJulietさんの楽曲が並んでくのが当たり前でした。

田口:私、修学旅行へ行ったとき、夜に、友達と部屋でJulietさんの楽曲を一緒に歌ってました。

2人:修学旅行!!

Yumi:当時、10代の女の子たちからすごい支持を得ていた話や感想のお手紙はもらってましたけど、直接リアルJKやJCと話をする機会がなかったから、今、こうやって当時のJKやJCだった子たちの話をダイレクトに聞けるのがすっごく嬉しい!!。もっと、他にJulietの想い出話なんかある?

計良:ケータイの着信音は絶対にJulietさんでした。

Yumi:あの頃は、着うたがめちゃくちゃ流行ってた時期だったからね。じゃあ、あのときにダウンロードしてくれてたんだ。

3人:はいっ!!

2人:ありがとうございます!!

Yumi:『ナツラブ』が大ヒットしたあのときのうちらを支えてくれてた子が、ここにいるよ(笑)。でも、『ナツラブ』ってカラオケでは一人だと歌いづらいと思うんだよね。

Maiko:キーも高ければ、2人で分けて歌ってるようにレンジも幅広いし、ラップもある。そういうときって、みんなどうやって歌ってたの?。全部一人で歌ってた?

計良:友達とパートを分けて歌ったり、みんなで歌ったりいろいろでした。

 



「私もそういう恋愛をしてみたい」という憧れや、Julietさんの歌を通してその想いを擬似体験していくような感覚で、むっちゃ背伸びをしながら聞いてました。


 Maiko 


――アキシブprojectの3人は、Julietさんの歌のどの辺に共感を覚えてました?

宮谷:私が高校生当時は"ギャル"が流行っていたこともあって、当時は「こういうギャルになりたい」という憧れの視線でお二人を見ていたんですけど。それ以上に、Julietさんの歌は恋愛の歌詞が多ければ、どこか背伸びした恋にも見えていたから、「こういう恋愛を経験してみたい」という憧れを持って受け止めてました。何より、Julietさんの曲を歌ってると、自分もギャルに近づけるみたいな意識も当時はあったと思います。

Yumi:あの頃って、ギャルがブームでありながら。同時に、世の中的にギャルに対して偏見の目が強かったんです。だから、その偏見を変えるためにも、私たちは言葉を通して当時の女性たちの本音の気持ちを伝えようとしていました。それこそ恋愛の歌詞についても、たとえば「彼女のいる彼を好きになってしまった」歌とか、女性が言葉にして言えないことをあえて歌詞にいていけば、女性が心に抱えた本音を歌にすることで、そこへ共感を覚えてくれる子たちが多かったのも私たちとしてはすごく嬉しかったんです。

計良:大人の恋への憧れって言うんですか!?。「私もそういう恋愛をしてみたい」という憧れを抱けば、Julietさんの歌を通してその想いを擬似体験していくような感覚で、むっちゃ背伸びをしながら聞いてました。

Yumi:そういう子たちも、あの頃は多かったんでしょうね。当時はMaikoが25歳で私が23歳だったこともあって、「リアル」や「渋谷」をテーマに何時も歌詞を書いてました。結果、それが込み入った恋愛の話になっていたり。赤裸々な女心に対して、男の子たちからは「ちょっと怖い」と言われたり。だからこそ逆に、女性ファンたちに強く支持された面もあったんだろうなと思います。

Maiko:『ナツラブ』は2人にとっては等身大な歌だけど、当時の10代の子たちには背伸びした内容だったろうなと思います。と言うのも、『ナツラブ』の歌詞って、昔付き合ってた彼氏彼女が何年もの月日を経過し、互いにいろんな経験を重ねた大人になり、久しぶりに再会したときの気持ちを歌っているからなんです。その頃には、もう元カレ元カノという関係さえ飛び越え、同じ仲間や友達として過去のことさえ笑って話せる関係でいれてる。お互いのことを理解してるけど、でもフラットな関係でもある。「そういう関係って、なんかいいよね」ということから生まれたのが、『ナツラブ』ですからね。

計良:確かに、まだ高校生の頃は『ナツラブ』の歌詞の深い意味までは理解できていなかったし、ただただ純粋に「Julietさんの描く歌の世界観が好き」という気持ちで聞いてたなと思い返します。

宮谷:でも、どの歌もリアルだからこそ、「自分もこういう人生を歩みたい」「こういう恋愛をしてみたい」という憧れとして受け止めていたところは強かったです。

田口:私、『ナツラブ』が流行った頃は中学生だったから、正直、歌詞の意味までは理解できていなかったけど。でも、メロディとか曲の雰囲気も含め全部が好きでした!!

計良:逆に、今になってこの歌詞の意味がすっごくわかります。私、今25歳なんですけど。身近でも結婚した友達がいれば、地元を出て自立した生活をしている子もいます。そういう子たちと久しぶりに同窓会で会うと、『ナツラブ』に記したような関係性ってすごくわかるなと感じました。だから、大人になった今だからこそ、もっともっと『ナツラブ』が好きになりました。

宮谷:確かに、大人になって改めて聴いた今の時期のほうが、歌詞はすごく心に染みてきました。でも、今聞いても「いい歌だなぁ」と思えるように、『ナツラブ』は何時の時代の中でも色褪せない楽曲だとも感じています。

田口:私は当時まだ幼かったから、逆に、今のほうが『ナツラブ』の歌詞にのめり込みながら聞けているところは強いですし、ますます好きな歌になりました。

Yumi:私たちからしたら、10代のときにJulietの音楽を好きになってくれたことが嬉しいことなんです。10代の頃って、憧れで恋愛をしていく面ってあるじゃない。それと同じ感覚をJulietの歌や『ナツラブ』に感じてくれてたこと自体が嬉しいことだからね。
 


『ナツラブ』を通して出逢えた運命もありますし、この出会いを機会に、『ナツラブ』のバトンをアキシブProjectさんへしっかりお渡ししたいなと思います。 Yumi:今回、アキシブprojectさんのカバーした『ナツラブ』を聴かせていただきましたが、うちらとはまた違う、可愛い感じが出てるよね。歌声も、可愛いらしい声質から格好いい声質の子もいたりと、それぞれの個性が出ているように、そこはうちらにはなかった魅力だなと感じました。

Maiko:何より、『ナツラブ』をすごく大切に歌ってくれてるなぁというのが伝わってきた。あの、若さあふれてる感じがいいよね。それと、アキシブprojectさんが歌うことで、今の若い世代の子たちにまた『ナツラブ』が浸透していったらなぁとも期待しています。

Yumi:みなさん、『ナツラブ』のどの辺が好き?

田口:私、ラップの部分が大好きです!!

計良:私、「キミの事なら大体わかるし 遠慮しないでなんかあったらさ、いつでも聞くよ ゆっくり話そう。」の部分が大好きなんです。私にも、お互いに何でも話しあえる、昔から知ってる地元の友達がいます。そこの歌詞の部分が、まさに、その子との関係性のまんまなんですね。私、その子と一緒にまた『ナツラブ』を歌いたいなと、話を聴きながら思ってました。

宮谷:私、友達に元ギャルが多いんですけど。その子たちに、「Julietの『ナツラブ』をカバーして歌ったよ」と、つい自慢しちゃいました(笑)。

田口:私も、『ナツラブ』を聴いたママが「いい歌だね」って言うから、他のJulietさんの歌を勧めておきました。

Yumi:ありがとう!!、みんな宣伝部長みたいだね。

Maiko:こうやって世代を超えて『ナツラブ』が心に刺さってくれてるのが、うちらにとってみれば何よりも嬉しいことだからね。



――Julietさんも今、8年ぶりに『ナツラブ』をリアレンジしてライブで歌っているんですよね。

Maiko:そうなんです。『ナツラブ』を歌い8年経った今のJulietに似合う音楽性にアレンジして届けています。

Yumi:今のJulietが軸にしているのはサーフミュージック/ビーチカルチャー的なスタイル。けっしてアレンジを大胆に変えたわけではなく、原曲の良さを活かしたうえで、今の音楽スタイルへ馴染む彩りにしています。

Maiko:肩の力を抜いた感じでゆったりと聞けるスタイルにね。

Yumi:嬉しいのが、「今でも『ナツラブ』を聞くと、8年前のあの頃に戻れる」という声。歌っている私たちも、『ナツラブ』を歌い始めたとたん、8年前の自分たちになれているんですね。だから『ナツラブ』を聞いてるときだけは、今の現実の生活を忘れ、昔の彼のことを思い出したり、あの頃の自分に戻って聞いて欲しいなぁと思ってる。実際にライブでは、そうやって楽しんでいる人たちも多いです。

Julietは今、ちょうど全国ツアー中。ライブでもリアレンジした『ナツラブ』を歌っているから、ぜひ聞きに来てください。

宮谷:私たちも今回、アキシブprojectの魅力も加えつつ、原曲に失礼のないようにと一生懸命カバーさせていただきました。アキシブprojectって、秋葉原と渋谷の文化の融合をコンセプトに掲げて活動をしているんですけど。私たち自身、Julietさんが引っ張っていた渋谷のギャル文化に影響を受けてきた世代のように、私たちもJulietさんが表現してきたギャルという文化を受け継ぎ、次の世代へ伝えていきたいなと思ってて。

Yumi:えっ、ホント!?。その言葉すごく嬉しい!!。私たちも渋谷系アーティストと呼ばれてきたように、Julietを好きと言ってくれるだけでなく、その文化を引き継いでくれるなんて本当に光栄なこと。今回、『ナツラブ』を通して出逢えた運命もありますし、この出会いを機会に、『ナツラブ』のバトンをアキシブprojectさんへしっかりお渡ししたいなと思います。

3人:ありがとうございます!!

アキシブproject(左から田口・宮谷・計良)
 

PHOTO:本間祐介
TEXT:長澤智典

【アキシブprojectプロフィール】

秋葉原と渋谷のカルチャーの融合をコンセプトに活動をしている7人組のアイドルグループ。4月に全国ツアーを実施。
6月には台湾にも遠征しアジアにも積極的に活動、夏には「TOKYO IDOL FESTIVAL」へ3年連続の出演など勢いを加速させてきたアイドルグループ。


> 【アキシブproject】オフィシャルサイト

【アバンチュっ!MV】

【ナツラブMV

《アキシブprojectイベント情報》
9月1日(金)19:00〜 @ダイバーシティ東京プラザ フェスティバル広場
9月2日(土)①12:00〜②15:00〜@ソフマップAKIBA①号店サブカル・モバイル館
       ③単独フリーLIVE@原宿アストロホールOPEN19:00〜/START19:30〜
9月3日(日)19:00〜@タワーレコード新宿

 

【Julietプロフィール】
ビーチカルチャーに軸を置いたライフスタイル。そこから発する音楽を歌う、Maiko、Yumiのツインボーカルユニット。デビュー8年目にして遊び心満載のセルフプロデュースはより洗練される。7月にALBUM「SEA SAND SUNNYDAY」をリリースし、現在全国ツアーの真っ最中。


> Juliet オフィシャルサイト

【配信Single「白い三日月」MV】


【全国ツアー】
9/2(土) 福岡DRUN SON
9/9(土) 大阪ROCKTOWN
9/18(月祝) 仙台コミュニケーションアート専門学校イベントホール
10/29(日) 東京・代官山UNIT

【ALBUM「SEA SAND SUNNYDAY」リリースイベント】
9/3(日) 福岡 HMV& BOOKS HAKATA 13:00〜
9/10(日) HMVグランフロント大阪 1部13:00〜 / 2部15:00〜
9/19(火) HMV仙台 E BeanS 19:00〜
9/23(土祝) イオンレイクタウンkaze 1部13:00〜 / 2部15:00〜
・ライブ観覧は無料になります。特典会はサイン&握手会になります。