SPECIAL

煌めき☆アンフォレント×岸田メル MV『煌々◇ナミダ』で共演。その禁断!?の関係と舞台裏に迫る!!

集合1

「三重のご当地アイドル」として活動中の煌めき☆アンフォレント。三重県四日市市にあるCLUB CHAOSを舞台に定期公演を実施。2016年には、三重県のサッカークラブ「ヴィアティン三重」の公式応援アイドルも担ったように、三重県とも密接な関係を育んでいる。でも、メンバーの西ひよりと花乃木りおなは愛知県出身、茉井良菜と小倉あんは奈良県出身、二條満月は京都出身。運営会社であるTOY Planetは愛知県は名古屋市に拠を構えているように、じつは三重県とは無関係。むしろ、「三重県のご当地アイドルになりたい」という姿勢が、謙虚かつ斬新だ。

 煌めき☆アンフォレントは、「三重県のご当地アイドルになるため」と旗を掲げ、2015年10月より活動をスタート。名古屋ダイヤモンドホールでワンマン公演を行ったように、東海地区では「今、最も輝き放つ人気アイドル」として注目を集めている。現在は、大阪でも定期公演を開催中。今年の夏には、初の全国ツアーも成功させている。

 今、最も強い煌きを放つアイドルとして注目を集めている煌めき☆アンフォレントが、12月6日(水)にOTODAMA RECORDSより両A面シングル『=虹色=サンシャイン/煌々◇ナミダ』を発売し、ついにメジャーへと進出。

 今回、煌めき☆アンフォレントとイラストレーター/マルチコンポーザーの岸田メルが対談を実施。「互い接点は一体、何?」と首を傾げる方も多いだろうか?。

 じつは『煌々◇ナミダ』のMVへ、岸田メルが煌めき☆アンフォレントのマネージャー役として登場している。映像では、メンバー5人を前にマネージャーの面接を受け、煌めき☆アンフォレント愛を必死で語る岸田メルの姿や、ダンスレッスンしている中へ、とあるメンバー(そこはMVを観てください)の変わりに加わり一緒に踊る様。ライブを真剣な眼差しで見守る姿や、出演を終えたメンバーが会場を出たときに襲いかかった●タ●を退治したりと、熱血敏腕?マネージャーぶりを発揮している。ドキュメンタリータッチで制作した『煌々◇ナミダ』。その撮影を終えての感想話はもちろん、彼女たちと岸田メルとの意外な接点なども対談では明かされた。そのときの模様を、ここへお伝えしよう。


煌めき☆アンフォレントには、"へなぎ顔"したメンバーがいない。

――最初に、煌めき☆アンフォレントと岸田メルさんの接点から教えてください。

岸田メル:昔から煌めき☆アンフォレントとは繋がりがあるんですけど、これまで意外と接してはこなかったんです。

茉井良菜:最近はライブを観に来てくれるようになったんですけど、昔はほとんど観に来てくれなかったんです。

岸田メル:僕、煌めき☆アンフォレントも所属しているTOY Planetの代表である"へなぎ"さんとは以前から縁があって仲が良いんです。だから、煌めき☆アンフォレントのこともへなぎさんから聞いていたように、結成したばかりの頃から存在は知ってました。ただ、いくらへなぎさんと仲が良いからと言って、そこでがっつり深入りするのもなぁと思い、へなぎさんに「何か一緒にやりましょうよ」と言ってもらえながらも、僕自身はアイドルとの距離感を考え、一歩引いたところで「頑張れー」と応援していたのがこれまででした。

――結成当初の煌めき☆アンフォレントの印象も、ぜひ教えてください。

岸田メル:これはホントに初期メンバー時の印象になりますけど。へなぎさんってブス専なんですよ。ブス専というのは失礼か、へなぎさんが好きになる女の子の特色がわかりやすい。僕らはそれを"へなぎ顔"と言ってるんですけど。煌めき☆アンフォレントには、その"へなぎ顔"したメンバーがいない。自分の好みじゃない女の子を集めたということは、それだけ彼は真面目にアイドルを育成しようとしてるんだというのが彼女たちを見て伝わってきました。

――メンバー自身の、メルさんへの印象は?

茉井良菜:メルさんのtwitterから流れてくる画像ってけっこう変なのが多かったりするのと、歌を歌われりとか、絵を描いたりとか、テレビに出たりとか、マルチに活動されてる方だなと思いました。

岸田メル:綺麗にまとめてきたね(笑)、何やってるのかわからないおっさんだと言えばいいのに(笑) 

茉井良菜:なんでも出来る、起用な方だなぁと思いました。

岸田メル:まとめるなぁ(笑)。


今回初めて至近距離で接したことで、「すごいイケメンだ」と感じました。

――最新シングルへ収録した『煌々◇ナミダ』のMVを撮影。中へ、煌めき☆アンフォレントのマネージャー役として岸田メルさんが登場しています。最初の撮影が、マネージャーになりたくて応募してきたメルさんを、5人がそれぞれ質問や審査してゆく場面でした。あそこでメルさんに質問した内容はすべてアドリブ?

二條満月:あそこのセリフは全部アドリブでした。

岸田メル:「好きな動物は?」とか、みんなアホなこといろいろ聞いてきてたよね。

花乃木りおな:(メルさんの好きな動物は)きりんさん!!

――メルさんのマネージャーっぷりはどうでした?

茉井良菜:最初はどうなるんだろうと思っていたんですけど、優しい性格のせいか、意外としっくりきたというか…。

岸田メル:煌めき☆アンフォレントのマネージャーさんも、こんな感じなの?

茉井良菜:優しいし、熱心です。

――メンバーそれぞれ、メルさんと絡んでの印象も教えてください。

二條満月:私、初期メンバーなんですけど、メルさんとは挨拶を交わしたくらいで、これまでは遠目からじっと見ていたんですけど。今回初めて至近距離で接したことで、「すごいイケメンだ」と感じました。

岸田メル:ありがとうございます。っていうか、気づくの遅っ!!!!!

二條満月:めっちゃイケメンだなと思ったように、もっと仲良くなりたいなと思いました。(今回の撮影を通し)興味を持ったんで、もっとしゃべりたい。

岸田メル:えっ?、キモいと思ったんでもっとしゃべりたい??

二條満月:興味ですっ!!

茉井良菜:私、これまでズッと「なんか変な人だなぁ」と思って見ていたんですけど。今日の撮影を通して、メルさんからすごい熱量を感じました。

岸田メル:熱量と言っても、「お前らみんなぶっ飛ばすぞ!!」「台無しにしてやる!!」など、汚い説教言葉で罵ってもいたけどね。

茉井良菜:そんなことを言いながらも、めっちゃ可愛い絵を描くじゃないですか。謎が多いから、もっと知りたくなりました。

岸田メル:そんなに俺のことに興味を持ってくれたか。

茉井良菜:はい、より相手のことを深く知って、これからも良いおつきあいが出来たらいいなと思います。 

岸田メル:それ、お見合いの発言だよ(笑)。

西ひより:(メルさんは)なんか切り換えがすごいなと思いました。撮影してるときは、マネージャー役に成りきって熱血に演じるんですけど。終わったら、サーッと普通になる。

茉井良菜:煌めき☆アンフォレントのために、あそこまで汗掻いて頑張ってくれたように、それが嬉しかったです。

岸田メル:そういう二面性があるんだよ、僕の中には…。

西ひより:その変わり身の早さはすごいなと思った。

岸田メル:みんなも、人前に出るときとは違って、普段はあまりキャピキャピしてないよね。

西ひより:いつもキャピキャピはしてないです。みんな緩~く、こじんまぁ~り楽しくやってます。

花乃木りおな:撮影中は、全部素だったもんね。

西ひより:そう、全部素でアドリブしてました。

花乃木りおな:私、「演じてるときのメルさんの目力がすごい!!」とずっと思ってて。その熱血ぶりが伝わってきて、こっちも必死になれました。

岸田メル:ガンミしてたからね。

花乃木りおな:そこがマネージャーだなって感じがして、すごく良かったです。

岸田メル:ガンミするマネージャーって、どうなのよ(笑)。実際、マネージャーとして頼りがいがあった? 

花乃木りおな:頼りがい??…そこまで深くはわかんなかったけど、「役に入りきってて凄いなぁ」とは思いました。

岸田メル:それでも嬉しいよ。

小倉あん:あんはね…初めてメルさんと絡んだのは何時やったっけ?。「こんにはわー」の挨拶くらいはしたのを覚えてるんですよ。でも、こうやってちゃんとしゃべったのは初めて。

岸田メル:しゃべってみてどう??

小倉あん:ちゃんとしゃべってみて、楽しい人やとわかりました。あっ、役(作り)はすごかったですぅ。 

岸田メル:この子、独特なテンポ感があって面白いね。

小倉あん:えっ、面白いですかぁ?。メルさん、「好きな動物は?」って聴いたら「キリンさん」って言ってたじゃないですか。あんもキリンさんが好きだから、これからもキリンさんをよろしくお願いします。

岸田メル:僕もキリンさんが好きなので、よろしくお願いしまぁーす(笑)。

対談風景


『煌々◇ナミダ』に出てくるメルさんのようなマネージャーやスタッフさんがいたら信頼も出来るし、嬉しいなと思いました。

――煌めき☆アンフォレントが考える、理想のマネージャーとはどんな人?

西ひより:(メンバーに)気を使える人。

二條満月:女の子の心の内をちょっとでもいいからわかってくれる人。簡単なことでいうと、楽屋へノックもせずに入ってくる人は、嫌。中で、着替えてる人がいるかも知れないじゃないですか。

岸田メル:たまに、他の運営の人でノックもせずゴリゴリ楽屋へ入ってく人がいるけど、あれはすごいなと思う。

二條満月:うちはないですけど、そういう人ってぜんぜんいます。

花乃木りおな:理想を言うなら、マネージャーが女性の方だと嬉しいです。

茉井良菜:煌めき☆アンフォレントのマネージャーは代々男性だからね。

花乃木りおな:同じ女性だからこそわかってくれることって、じつはいろいろあるからね。

――メルさんのマネージャーっぷりは、どうでした?

小倉あん:本当に『煌々◇ナミダ』に出てくるメルさんのようなマネージャーやスタッフさんがいたら信頼も出来るし、嬉しいなと思いました。

岸田メル:傍から見てると、すごく失礼な言い方だけど、煌めき☆アンフォレントって思ったよりも売れてるなという印象があって。そこは、マネージャーやスタッフさんたちの努力も大きいんだろうなぁと思った。

二條満月:私も、そう思います。

岸田メル:僕、名古屋に住んでることもあって、東海地方のアイドルたちがどういう変遷を辿ってきてるのかなどはぼんやりとながら見ているし、知ってるんですけど。お客さんたちの勢いも含め、今、東海地域でキテるのは煌めき☆アンフォレントだなという目で僕は見ています。

――みなさん、東海地区を背負ってる意識は持っています?

西ひより:まわりの方々からそういう風に言われる機会は増えてきたけど、上には上がいるように「まだまだだなぁ」と思ってるし、ここで満足している場合でもないように突き進んでいくしかないなと思ってます。


おー、メンバーがメルさんのイラストになれるんだぁ。

――メルさん、もしメンバーをイラストにするならということで、各メンバーを描くうえでのポイントも教えてください。

岸田メル:みんな普通に可愛いんだけど、割と特徴的な顔をしてるんで描きやすそう。満月さんは、顔の輪郭や目鼻だちがはっきりしていれば、どこかおにぎりっぽく描けそうだね。

二條満月:じゃあ、顔におにぎり持って描いてもらいます(笑)。

岸田メル:良菜ちゃんは、割とベーシックな顔つきだよね。

茉井良菜:よくいる顔です。

岸田メル:そうじゃなくて、一個個一個のパーツが普通に可愛いタイプってこと。ひよりちゃんは、目の形とかすごく描きやすいタイプ。

小倉あん:アニメちゃんてっ言われてるんです。

岸田メル:えっ、アニメちゃん?

小倉あん:アニメみたいな顔してるから。

岸田メル:あー、アニメ顔ってことね。

西ひより:これからアニメちゃんって名乗ります(笑)。

岸田メル:これはへなぎさんも言ってたんだけど、あんちゃんは、藤田ニコルに似てるよね。

小倉あん、それ、学校でもメッチャ言われます。

岸田メル:だからあんちゃんは、とても描きやすい顔してる。りおなちゃんは顔が卵型というかアーモンド型。

花乃木りおな:それ、初めて言われた。

岸田メル:彼女も、描きやすい顔つきだよね。

――メルさん、煌めき☆アンフォレントのメンバーたちのジャケットイラストは描かないんですか? 

岸田メル:へなりさんいわく、僕は納期が遅いらしいから、早めに言ってもらえてたら大丈夫だと思う。

花乃木りおな:2年後とかなら大丈夫ですか?

岸田メル:大丈夫だけど、みんな残ってるかな?。だったら、これから1年内にシングルを出す機会があるのなら、あらかじめ締切を設定してもらえたら、そこへ向かって描くから大丈夫。

茉井良菜:おー、メンバーがメルさんのイラストになれるんだぁ。

西ひより、えっ、嬉しいけど、でもどうしよう…。

対談風景


あそこはレンジャー(戦隊ヒーロー)みたいな感じがして本当に格好良かった。プリキュアだと思いました。

――今回、岸田メルさんも一緒して撮影した『煌々◇ナミダ』のMV、改めて撮影中の感想話も聞きたいなと思います。

岸田メル:撮影に入る前、運営の方に「メンバーのみなさんはお芝居の経験があるんですか?」と聴いたら、「ほぼないに等しい」と。「これは大変かも知れないな」と思っていたけど、実際に撮影が始まったら演技のシーンでもみんなナチュラルに演じてたから、「みんなお芝居できるじゃん」と思いました。

西ひより:うぇーい!!

茉井良菜:その言葉嬉しいです。私たち自身は、楽屋でふざげあっている何時ものままの姿でやってただけなんですよね。

西ひより:そうだね。楽屋でも面接ごっことかしてるし。

岸田メル:今日の撮影中、誰も緊張もしていなかったよね。

花乃木りおな:普段からみんなわちゃわちゃしてるから、そのまんま出してました。

――『煌々◇ナミダ』のMVの見どころも、ぜひ教えてください。

二條満月:とにかくシーンが多いのが見どころです。私服も変われば、ダンスシーンや面接シーンもあるように、煌めき☆アンフォレントのいろんな面が見れるんじゃないと思います。個人的には、ダンスシーンが(撮影した感じでは)お気に入りです。

岸田メル:ダンスシーンは、ちゃんと気合い入れてやれた?

二條満月:やれました。

花乃木りおな:メルさんがメンバーの変わりとして入って踊ってくれた場面があったじゃないですか。あのときに面白いダンスをしてくださって、撮ってる最中はすごく楽しかったです。

岸田メル:面接のときのダンスは、まだギャグとして許せる範疇だけど。あのダンスの場面もネタとはいえ、精神的に恥ずかしくって死にたくなるよ(笑)。

茉井良菜:アイドルのMVって、歌って踊ってが中心じゃないですか。でも『煌々◇ナミダ』のMVは、歌って踊って以外のところが中心だから、これまでの煌めき☆アンフォレントのMVにはなかった感じになったと思います。個人的には、マネージャーさんを面接するシーン。あそこは、ファンの方にも見せてない5人の素が見えてくるから見どころになりそうです。

西ひより:王道な可愛いMVではなく、面白さもあるから、ユーチューバーの映像を観る感覚で楽しんで欲しいなぁと思います。

岸田メル:みんな、意外に真面目なことを言うなぁ。

西ひより:みんな真面目なんで。

岸田メル:あっ、なんかイラッとした(笑)。

小倉あん:あのー、ホンマにどの場面でもみんなが素やったから、きっと煌めき☆アンフォレントの素をみんなも見てる感じになって楽しめるし。みんなもマネージャーさんの目線でも楽しめると思うから、いろんな目線で楽しんでください。個人的に印象に残っているのが、メルさんが危ないファンの人からメンバーを守るために戦うシーン。あそこはレンジャー(戦隊ヒーロー)みたいな感じがして本当に格好良かった。プリキュアだと思いました。

二條満月:性別変わっちゃったよ(笑)。

花乃木りおな:『煌々◇ナミダ』は切ない曲のように、ソロカットではメンバーの切ない表情も多いように、そこの一人一人の表情にも注目して欲しいなと思います。

対談風景


上から目線だなぁ(笑)。みんなも頑張ってください。

――改めて、収録した曲たちの魅力や聞きどころも教えてください。

西ひより:『=虹色-サンシャイン』は、すごく前向きで明るい曲調だから、聞いててめちゃくちゃ元気になれる前向きソングです。

茉井良菜:『煌々◇ナミダ』は、煌めき☆アンフォレントの中でも一番エモーショナルな曲になりました。振り付けは、ファンのみなさんも真似しやすいと思います。

西ひより:『煌々◇ナミダ』は、過去の自分から…暗い自分から卒業して立ち向かおうという歌です。

茉井良菜:どちらも、歌詞がいいんです。『=虹色-サンシャイン』はとても前向きで、『煌々◇ナミダ』は切なさや葛藤しているけど、でも前を向いた歌になりました。

――今回、岸田メルさんと共演しましたが、今後もご一緒出来たら…。

茉井良菜:嬉しいです。

西ひより:煌めき☆アンフォレントのライブへ同じような衣装を着て、ぜひ一緒に出て欲しい。

岸田メル:僕の体型じゃ入らないでしょうが。

茉井良菜:特注すればいいよ!!

岸田メル:じゃあ、機会があったら一緒にステージで共演し、MVのような感じで踊りましょうか。

花乃木りおな:私、メルさんのプロデュースしたゲームがしたい。

岸田メル:今年3月にPS4として出した『ブルー リフレクション 幻に舞う少女の剣』のこと?

花乃木りおな:そう!! 

岸田メル:このゲーム、僕がキャラクターデザインとゲーム全体の監修を行っているから、ぜひ楽しんで欲しい。あと、NHK Eテレで放送してる社会科の番組「コノマチ☆リサーチ」でも、僕が演じる漫画家ハジメが、宇宙人と一緒に町を探索しているから、『煌々◇ナミダ』の中に出てくる僕とは違う岸田メルも見て欲しいな。

茉井良菜:メルさん、これからもお仕事頑張ってね。

岸田メル:上から目線だなぁ(笑)。みんなも頑張ってください。

全員:ありがとうございます!!

集合2

PHOTO: 本間祐介
TEXT:長澤智典